読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

アイアン・スカイ レビュー

紹介

 

アイアン・スカイ Blu-ray

アイアン・スカイ Blu-ray

 

 

あらすじ

月面ナチスVS地球防衛軍。 こんな戦い見たことない! !

2018年、再選を目指すアメリカ大統領により、選挙PRのために月に送り込まれた黒人モデルのワシントンは無事に月面に上陸。

しかし、すぐに鉤十字を身にまとう月面ナチス親衛隊クラウスに拉致されてしまう。

なんと彼らは、第二次大戦後地球を後にしたナチスだった!

彼らは月へと逃亡し、地球へ復讐を果たすべく月の裏側に第四帝国を築き、軍備を増強していたのであった。

機は熟した。

ワシントンをガイドに、月面総統閣下はいよいよ地球への侵略を開始する。

地球ではアメリカを中心に急遽地球防衛軍を結成。前人未踏の宇宙規模の戦いが今、始まる!

感想

 ダークサイドムーンにナチスの残党が住み着いてUFOとか作って地球に攻めてくるって設定が最高に魅力的でつい観てしましました。

 内容がギャグよりで(下品だしあんま笑えなかったけど)まじめな話ではなかったですが、各国が信頼しあわずに足並みがそろわないあたりの皮肉はなんかリアルだったかな。

会議のときの北朝鮮の主張は笑った。

 まじめなSFにしていたらかなり好きになりそうな設定だけにちょっと残念でした。

 

X-MEN1,2,3 レビュー

紹介

 

 

 

 

 

 

あらすじ

 200X年。人類は新たな「差別法案」の立法化を目指していた。それはDNAの突然変異により超人的なパワーを持つ“進化した人類=ミュータント”を社会から合法的に迫害するものだった。人類との共存を目指すプロフェッサーX率いるミュータント集団X-MENは、人類の滅亡をもくろみテロ活動を企てるマグニートーたちと全面対決に突入していく!

引用元: Amazon_X-MEN

感想

 一作目:超能力バトルとか好きな人にはかなりおすすめの作品です。

少年漫画のような個性的な能力がぶつかり合ってわくわくしながら観ていました。

 二作目:一作目と違いミュータントVSミュータントというよりは人間VSミュータントという感じで少し地味かな。

瞬間移動能力は観ていて気持ちがいい。

 三作目:まあひどい。

いきなりフェニックスとか出てこられても困る。

サイクロプスがあっけなく退場しちゃうし。(いろいろ裏事情はあったみたいですけど)

ローグの扱いは雑だし。

ミュータント軍同士の全面対決も規模の割に狭いところでやってるし、しょーもない決着のつき方するしで見ごたえなし。

 結論から言うと一作目だけで十分でした。

こんな人にオススメ!

  • 能力者バトルが好きな人

 

バクマン。 レビュー

紹介

 

バクマン。Blu-ray 通常版

バクマン。Blu-ray 通常版

 

 

あらすじ

「僕たち二人で漫画家になって、ジャンプで一番を目指そうぜ」

二人の高校生が抱いた、ジャンプ漫画への壮大な夢。

高い絵の才能を持つ、真城最高(サイコー)。

巧みな物語を書く、高木秋人(シュージン)。

クラスメイトの亜豆美保(アズキ)への恋心をきっかけに二人はコンビを組み、週刊少年ジャンプの頂きを目指す。

編集者・服部に見いだされた最高と秋人。

次々と生み出されていく漫画。 だがそこに立ちはだかるジャンプ編集部。

新進気鋭のライバルたち。

そして突如現れ、遥か先を走り始めた、若き天才漫画家・新妻エイジ

果たして二人はジャンプの頂点に立つことができるのか! ?

引用元: Amazon_バクマン。

感想

 原作既読です。

 荒い部分はありましたが、実写ならまあこんなもんかなって感じでした。

 キャスティングは公開前から思っていましたが、どう考えてもサイコーとシュージン逆でしょっていう笑。ずっと気になっちゃいました。

新妻エイジの染谷翔太はかなり良かったと思います。

あのユニークなエイジらしさが違和感なく表現されていてかなり再現度高かった気がします。

しかし、残念なのはエイジの性格が悪く感じましたところですね。

原作ではもっと可愛げのあるキャラだったのに煽ってくるような感じがあって抵抗がありました。

 漫画バトルをプロジェクションマッピングで表現するのは謎ですが、個人的にはアリだったのではと感じました。

 サカナクションが手掛けるテーマソングもBGMも最高でした!