BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社ノベルス)

紹介

密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社ノベルス)

密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社ノベルス)

 

 

あらすじ

 “頭狂人”“044APD”“aXe”“ザンギャ君”“伴道全教授”。奇妙なハンドルネームを持つ5人がネット上で日夜行う推理バトル。出題者は自ら殺人を犯しそのトリックを解いてみろ、とチャット上で挑発を繰り返す!ゲームに勝つため、凄惨な手段で人を殺しまくる奴らの命運はいつ尽きる!?

きっかけ

 中学生のころにこのシリーズを読んだことがあり、最近になって三作目が出版されていることを知ったので。

感想

 トリックの内容は一作目、二作目に比べるとはるかに非現実的で反則的なものが多いです。ページ数的にも今回の作品は番外編のようです。

 ぶっちゃけ前作のような密室殺人のトリックを予想したりというような楽しみ方はできません。途中でなんだか今までと趣向が違うな~と違和感を感じましたが、今作最大の真相である例の探偵たちの正体にたどり着いたときにすべての違和感が解消されました!

 

以下ネタバレの可能性

 

 

 

 

 

 いや~これは気づかなかった~!。どうも一連の殺人に「反則的」という統一感があったわけだ笑。ページ数が少ないからオマケ程度の作品だと思って読んでいたぶんインパクトが大きかったですね。どうも私は期待度によって作品の評価がブレブレになるから良くないね笑。途中で口調に違和感は感じていたんですがそこまで不審に思ってなかったです。綾辻行人の作品を読んでいるのでこういうのには慣れていると思っていたんですがまだまだですね。

こんな人にオススメ!

  • どんでん返しが好きな人