BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

黄金を抱いて翔べ

紹介

 

黄金を抱いて翔べ スタンダード・エディション [Blu-ray]

黄金を抱いて翔べ スタンダード・エディション [Blu-ray]

 

 

あらすじ

 裏社会の住人相手の調達屋として生きる幸田(妻夫木聡)は、大学の同級生だった北川(浅野忠信)からある計画を持ち掛けられる。それは大阪市の銀行が誇る、コンピュータを駆使した完璧な防犯システムが施された金庫から240億円相当の金塊を強奪するというものだった。システムエンジニアの野田(桐谷健太)、北川の弟・春樹(溝端淳平)、爆破のプロでスパイでもあるモモ(チャンミン)、元エレベーター技師のジイちゃん(西田敏行)というメンバーで金庫に挑む幸田たちだったが、彼らの意外な過去や裏切りが浮上し……。

きっかけ

 特になし。

感想

 思っていたのと違いました。

 ミッションインポッシブルのような綿密な計画のもと不可能に思える目的をでイレギュラーと闘いながら達成するようなストーリーだと期待して観ていましたが、そんなことはありませんでした笑  半分はヤクザかチンピラかもよくわからないような集団や、北朝鮮の連中たちとの抗争で終わります。しかも、金塊強奪の計画実行時には当初のメンバーから二人も脱落します笑  

 また、金塊強奪計画も、ものすごく雑というか突っ込みどころ満載です。それにいろいろな要素をストーリーに詰め込み過ぎてしまって話がとびとびでダイジェストのような状態になってしまい、登場人物たちが何を考えているのかついていけなくなってしまいます。結局幸田の家族とか掘り下げがテキトウ過ぎて何が起きたのかよくわかんなかったし。

 この作品のメインは金塊強奪ではなく、登場人物たちの熱い生き様なのだと思います。なので「どんな計画で金塊を奪うんだろう!!(わくわく)」と期待して観はじめた私的にはとても納得いかない作品でした笑

こんな人にオススメ!

  • 男たちの熱い生き様(?)が観たい人