読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

プログラマの数学

紹介

プログラマの数学

プログラマの数学

 

 

内容

 文系プログラマを対象にした基礎数学の解説書。帰納法再帰,命題論理といった数学的考え方の基礎を,「ケーニヒスベルクの橋渡り」や「ハノイの塔」のような著名なパズルを題材に説いている。著者は,誰しもが学校のテストで解いてきたであろう問題を,簡潔な語り口でプログラムに置き換えていく。初心者は「いかに問題を単純化して関数に落とし込むか」という根本的課題に対する解を見いだす上で,中上級者は肌で覚えた感覚的スキルに理論の裏付けを得る上で,それぞれ役立つだろう。

感想

 紹介文にもある通りプログラミング経験が少ない人でも十分楽しめる上に、中級者が読んでも自分の論理的思考の穴を埋めるのに役に立つ本です。

part1:「ゼロの物語」は二進法の考え方を中心に数字の表現を掘り下げて解説されています。

part2:「論理」高校の時に習った真や偽に関する話が中心でベン図やらカルノー図やらが解説されます。

part3:「剰余」曜日の周期性やらを例にしてmodの考えがまとめられています。他にも一筆書きの必勝法などが論理的に解説されているので面白いです。

part4:「数学的帰納法」タイトル通りそのまんまです。しかし、解説は高校の教科書や参考書なんかよりも遥かにわかりやすい気がします。

part5:「順列・組み合わせ」高校の確立の範囲で使ったPやCが出てきます。

part6:「再帰再帰関数の解説です。私は再帰関数が苦手で理解はしているのですが今一使うのが下手というか、上手く使いこなせていなかったので、この章は非常に助かりました。再帰定義を癖づけることで上手く使いこなせるようになりそうです。

part7:「指数的な爆発」、part8:「計算不可能な問題」大学の初期で習うようなコンピュータの話が書いてあります。数学とプログラミングの違いというか越えられない壁について書かれています

 以上のことについて自信の無い方は是非読んでみることをお勧めします。逆に全部完璧な人は読んでも面白くないかも(^_^;)

こんな人にオススメ!

  • プログラミングの基礎的な発想を学びたい人