BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

Perl5を学んでみた

ロゴ

f:id:HowMuch:20150425212601p:plain

 23年間生き残り続けてきた古くとも強い言語ということで恐竜がロゴには採用されているそうです。

ソース

歴史

Perl(パール)とは、ラリー・ウォールによって開発されたプログラミング言語である。実用性と多様性を重視しており、C言語sedawkシェルスクリプトなど他のプログラミング言語の優れた機能を取り入れている。ウェブ・アプリケーション、システム管理、テキスト処理などのプログラムを書くのに広く用いられている。 言語処理系としてのperlフリーソフトウェアである。Artistic LicenseおよびGPLのもとで配布されており、誰でもどちらかのライセンスを選択して利用することができる。UNIXWindowsなど多くのプラットフォーム上で動作する。

wikipediaより引用

特徴

wikipediaより引用

学んだサイト

学んでみて

学んでみたなんていっても入門サイトの動画やページを手を動かしながら観て、少しプログラムを作ってくらいなんで本当にさらっと入門しました程度なんですけどね(^ ^;)

 Perlの最初の印象は「歴史ある古いスクリプト言語」って感じだったのでどこかで時代遅れの言語な気がしていましたが、少し学んだらそんな印象は払拭されました。特に文字列の扱いに関しては私が今まで学んだ言語の中でも屈指の表現力を使うことができます。

  myやら$,%など一見して面倒くさい記法もある意味ではすぐにデータ列の属性がわかるので、それなりのメリットが見受けられます。 ただ、Pythonなんかと比べるとやっぱり面倒ですね笑

 最大のメリットはやはり、言語としての長い歴史でしょう。ちょっとマニアックなモジュールなんかでも、ちょっとネットで検索するだけですぐにヒットします。この辺は最近できた言語ではかなわないところかと思います。

 まだまだ入門サイトをざっと読んだりしただけですが、CGIなんかもかなり充実しているみたいなので困ったときには頼ってみようと思える言語です!