読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

MW-ムウ-

映画 レビュー

紹介

 

MW-ムウ- [DVD]

MW-ムウ- [DVD]

 

 

あらすじ

16年前、沖之真船島で開発中の神経ガス「MW」が漏れ出し、島民の大半が中毒死、生き残った島民もことごとく虐殺される事件が発生した。だが、その中で生き残った少年が2人いた。1人は後に神父となった賀来、もう1人はエリート銀行員となった結城である。

結城は国内外で殺人を重ねる。タイでの誘拐殺人事件で犯人に肉薄した刑事の沢木は、結城が犯人であると勘付くが、その尻尾をなかなかつかめない。犯罪のサポートを強要されていた賀来も、警察への密告に失敗する。

そんな中、タイの事件を追ううちに16年前の惨事に行き当たった新聞記者の京子が賀来と結城に接触。その結果、結城は現存するMWの保管場所を知ることになる。

感想

 原作読んでないけど、原作台無しなのがわかるレベルでひどいですねorz手塚治虫がこんな中身のない作品は作らないはずだろ!!って感じ。

 玉木宏の演じる結城はいい感じでした!裏の顔を持つイケメンエリートという役にピッタリです!ただ格闘シーンがちょっとひどい。動きが素人丸出し過ぎです。

 神父役の山田孝之はちょっとイメージに合わなかったです。演技とかの問題じゃなくて、神父っぽくない笑。

 なんか全体的にツギハギだらけの作品です。最初の30分近くを余り意味のないアクションに費やしたり、しょぼいサスペンス要素を入れてみたり、二人の主人公の関係性が不鮮明だったりとどこをとっても中途半端な作品でした。DVDを手にしたときは後ろのあらすじを読んで「MWって何のことだろう!わくわくするな!」なんて思ってましたけどすぐにわかっちゃったし。  一番冷めたシーンは手榴弾の爆発。花火かっての! とりあえずひどい作品でした。雰囲気は結構出てたんですけどね。 さるぐつわ外したら首の血管が切れるとかはちょっと面白い仕掛けだなとか思った笑

こんな人にオススメ!