読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

四月は君の嘘(漫画)

レビュー 漫画

紹介

 

四月は君の嘘(1)

四月は君の嘘(1)

 

 

あらすじ

 かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。

 それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

 かをりは、好意を寄せる渡亮太との仲を椿に取り持ってもらい、渡と椿の幼なじみのである公生とも行動を共にするようになる。公生はかをりに好意を抱くようになるが、親友である渡に気を遣って想いを伝えない。椿は公生のかをりへの恋心に気付き、また自身に芽生えた公生への恋心にも気付き苦悩する。かをりは、公生のことを友人Aと呼び、ぞんざいに扱いつつも、自分の伴奏を命じるなど、公生を再び音楽の世界に連れ戻そうとする。また、かつて公生の演奏に衝撃を受けピアニストを目指すようになったライバルの相座武士井川絵見にも背中を押され、公生は再び音楽の道に戻っていく。

感想

 アニメを観てから勢いで漫画に手を出しました。アニメのレビューはこちらです。

 まあ、アニメ観た人からするとちょっと物足りないというか、アニメが完璧すぎて今更原作読み始めるまでもないかなって感想です。

 この作品がピアノやヴァイオリンの演奏を大切な要素としている以上、音も出せるアニメにはやっぱ敵わないかなと。また、白黒の漫画を読んだ後ではアニメのカラフルな色彩も大事な要素になっていたんだと改めて実感できました。絵もアニメの作画の方が好きです。

 アニメが原作を大事にしているので、大胆なカットや、改悪が無かったことが読んでわかりました。そういう意味でも漫画で読むのは今更感があるし、感想はアニメのときと全く同じです。

 あとは、ラストシーンでBGMの「キラメキ」が聴けないのは非常に残念!!あれがあるとないとでは感動が倍以上違います!!

 この作品は是非アニメで触れてほしいです。

こんな人にオススメ!

  • 泣ける話が好きな人
  • 青春ストーリーが好きな人