読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

大脱出

紹介

 

大脱出 [DVD]

大脱出 [DVD]

 

 

あらすじ

 レイ・ブレスリンは、刑務所の盲点を突いて合法の下で脱獄を試みる、伝説的なセキュリティ・コンサルタントであった。そんな彼に一人の女性が、世界で最も困難な刑務所の脱獄を高額な報酬で依頼してくる。年齢的にも引退資金稼ぎにと仕事を引き受けたブレスリンは、突如拉致され身分を剥奪されたまま、脱獄不可能と言われている刑務所、通称「墓場」に収監されてしまう。屈強な囚人たちを圧倒するほどの看守たちの暴力と監視により、ブレスリンは脱獄どころか囚人や看守たちに追い詰められてしまう。そんな彼に突如近寄って来た囚人ロットマイヤーに助けられながら、ブレスリンは2人で史上最大の大脱獄を試みようと決意する。

感想(ネタバレあり)

 スタローンとシュワルツネッガーがW主演というめちゃめちゃ豪華な作品でした。

 脱獄ものとかはあまり観たことがありませんでしたが、セキュリティの盲点を突く行為ということで前々から興味があった分野です。

 ストーリーは主人公たちが収容されている「墓場」の場所の特定まではしっかり作られていていました。隔離施設でのビスの外し方や、ありあわせの道具で緯度を計測するなどそんな感じのアイデアを観るのがすごく楽しかった!もっとこんな感じの脱獄系映画観てみたいです!(ぶっちゃけ冒頭の脱獄が実は一番面白い)

 ただし!!問題は終盤ですよ!ちょっと雑すぎたんじゃないですかね?結局乱闘起こしてその隙に看守達ボコッて銃撃戦の末、外部の人間にヘリで迎えに来てもらって船爆破って....。なんかそれまでの地道な努力というか工夫を無にするような雑さでしたね。なんで洋画は派手な銃撃戦入れるんだろうか?そういうアクションが必要な作品と、不必要な作品を分けて考えてほしいです。とりあえず派手なアクションシーン入れとけみたいなところが洋画の苦手なところです。

 ロットマイヤーの正体は予想通りでしたけど、娘の正体や今回の計画の全貌までは予測できませんでした。無難なラストだったと思います。

 余談ですが、Youtubeでこの作品の予告動画を観ましたが、めっちゃネタバレしてましたねwww「墓場」が船って言っちゃダメでしょwww

 

こんな人にオススメ!

  • 脱獄ものが好きな人
  • スタローンとシュワルツネッガーのファン