読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

セブン

レビュー 映画

紹介

 

セブン [Blu-ray]

セブン [Blu-ray]

 

 

あらすじ

 雨降りしきる大都会。 また新たな殺人事件が発生し、退職まであと1週間のベテランサマセットと血気盛んな新人ミルズの両刑事が現場に急行した。 被害者は極限まで肥満した大男で、汚物にまみれ、食べ物の中に顔を埋めた恰好で死んでいた。 死因は食物の大量摂取による内蔵破裂。男の後頭部に付けられた銃口の痕から、何者かに、死ぬまで食べ続けるよう強制させられていたことが判明した。そして現場には、犯人が残したものと思われる〈GLUTTONY=大食〉と書かれた文字が残されていた。 まもなく次の死体が発見される。凄腕で名高い弁護士グールドが、高級オフィスビルの一室で、血まみれになって殺されていた。そして現場には血で書かれた〈GREED=強欲〉の文字が……。サマセットは、犯人がキリスト教における「七つの大罪=憤怒・嫉妬・高慢・肉欲・怠惰・強欲・大食」に基づいて殺人を続けていることを確信、ミルズにあと5人殺されるだろうと告げる。

引用元:http://www.cinemawith-alc.com/2013/10/seven.html

感想

 NARUTOの作者、岸本先生の生い立ちヒストリーでセブンについて語られていたので以前から興味を持っていたのですが、メッチャ面白かったです!もっと早く視ておけば良かった!!

 おそらくこの作品の分類はサイコサスペンスあたりになると思いますが、私が今まで観たサイコサスペンス物の中でもトップクラスの作品でした。

 次々起こる猟奇的な殺人のとの攻防や、犯人を逮捕したにもかかわらず止まらない胸騒ぎなど常に緊迫感をもって視聴できました。

 ラストの展開には本当にやられました!そう来るか!って感じです。

 サマセットの何ともやりきれないラストシーンは最悪の後味の悪さと最高の余韻を残して印象的でした。

 

こんな人にオススメ!

  • サイコサスペンス物が好きな人
  • 衝撃のラストが観たい人