読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ

紹介

 

仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ【Blu-ray】

仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ【Blu-ray】

 

 

 

あらすじ

 風都タワー完成30周年の夏、「A」から「Z」までの26個の次世代ガイアメモリ「T2ガイアメモリ」を輸送する財団Xのヘリコプターが、世界各地でその名を馳せる不死身の傭兵集団「NEVER」(ネバー)による強襲の末に自爆、風都全土にT2メモリが飛散し、市民が次々とドーパントに変身していく事件が発生。

 W・アクセルは事態を収拾しようとする中、国際特務調査機関から訪れたというマリア・S・クランベリーから事の顛末を聞く。そんなマリアにフィリップは、彼女はシュラウドで自分の母親かもしれないと思い込む。そして「T2ガイアメモリ(Wと同じガイアメモリ)」を得た「NEVER」が風都に侵攻を開始する。さらに、Wとアクセルの前に「NEVER」のリーダー、大道克己が変身する最凶の仮面ライダーエターナルが立ち塞がる。立ち向かうWだったが、ファングジョーカーやサイクロンジョーカーエクストリームでもエターナルには、まったく歯が立たない。そして、エターナルは、マキシマムドライブを発動させ、旧世代のガイアメモリの機能を永遠に停止させてしまう。

 変身出来なくなったWとアクセルは、風都を守り抜けるのだろうか。今、占拠された風都タワーにて、「NEVER」を相手にしたW最大の決戦が始まる。

引用元:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BCW_FOREVER_AtoZ/%E9%81%8B%E5%91%BD%E3%81%AE%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA

感想

 公開されてからもう5年も経つんですね~早いなー!

 この作品もなかなか機会がなくて観れずにいた作品でした。ダブル自体は仮面ライダーとしてよりもコメディドラマとして好きでした笑

 正直今作の感想は微妙です。サイクロンやメタルなどのドーパントが見られるというのは面白いと思いますが、いまいち魅力的じゃない。ドーパントないですけど、あんまりカッコイイデザインじゃないんですよね~。仮面ライダーエターナルもなんか違うというか。エターナルのマキシマムドライブが反則でしょ。あれはダメだ。

 良かった点を挙げると戦闘シーンやアクションシーンは良かったです。バイクのチェイスバトルや、ワイヤーアクションなど普段よりもはるかに気合が入っていたように思います。また、仮面ライダージョーカーのシンプルなカッコよさが素晴らしい!

 また、セリフがカッコ良かった!特にT2のジョーカーメモリを見つけたときの翔太郎の「どうやら切り札は常に俺のところに来るようだぜ」や、「お前の罪を数えろ!」に対するエターナルの「今更数え切れるか!」で痺れました!

 ストーリーは普通というかありきたりでご都合主義の何ともインパクトのないものでした。残念!

こんな人にオススメ!