読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

紹介

 

 
『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』 特報

 

あらすじ

 これは本来とは異なる仮面ライダーの歴史。

 1973年2月10日、秘密結社ショッカーを統括していた首領仮面ライダー1号仮面ライダー2号に追い詰められて浜名湖のアジト共々爆死し、世界に平和が訪れたように見えた。だがその直後、ショッカーが生み出した最強の戦士・仮面ライダー3号が現れる。1号と2号は最後の力を振り絞り立ち向かったが、3号の圧倒的な力に敵わず戦死してしまう。ショッカーは総力を挙げて復活し、ついに世界征服を達成する。

 そして時は流れて2015年の現代。普段通りロイミュード102を倒した仮面ライダードライブ / 泊 進ノ介詩島 霧子が見上げた空が、緑色の光で覆われる。その光に包まれた瞬間、地球はショッカーによって完全に支配された末世へと改変され、1号と2号の後に続々と生み出されたライダーたちは「正義」と「悪」の二派に分かれ、正義のライダーたちは残り少ない人間を守るため、悪のライダーたちは洗脳され、ショッカーの手先・ショッカーライダーとして人類と正義側のライダーを完全抹殺するため、戦う世界となっていた。だが、霧子だけはこの改変された世界に違和感を感じていた。

 改変された世界で進ノ介はショッカーライダーに属しており、「すべての仮面ライダーは自分が倒す」と息巻いていたが、正義のライダー・仮面ライダーBLACK / 南 光太郎の「子供たちの未来を守る」という正義の叫びを聞いたことに加え、それとは対照的に平然と子供を盾に取るショッカーの姿を見て、「間違っているのは自分たちではないか」と疑念を抱くようになる。だが霧子が傷ついた光太郎を匿ったことで、進ノ介もショッカーへの反逆者とみなされてしまい、追われる身となってしまう。

 光太郎、本願寺、霧子までもがショッカーの追っ手の前に倒れ、絶望にうちひしがれる進ノ介の前に黒井 響一郎と名乗る男が現れた。「正義に目覚めた者同士、協力してショッカーを倒そう」と提案する響一郎に、進ノ介も同意して走りだす。だが、響一郎こそこの狂った歴史を生み出した元凶である、仮面ライダー3号であることに、進ノ介は気付いていなかった。

 仮面ライダー3号は何故生まれたのか。狂った歴史は正しく修復されるのか。あるいは、ショッカーの栄える暗黒の歴史が確定するのか。すべての鍵は、進ノ介が提案した「正義」と「悪」が雌雄を決する仮面ライダーグランプリのチェッカーフラッグを受けた勝者が握っている。

引用:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E5%A4%A7%E6%88%A6GP_%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC3%E5%8F%B7

感想

 正直つまらなかったですorz

 まず、最注目ライダーの仮面ライダー三号ですが、単体としてのデザインはカッコ良くて好きです。しかし一号、二号と並んだ時に一人だけ浮いちゃってるんですよね~。もうちょっと一号、二号のデザインや色合いを引き継いで欲しかったです。

 あと巨大ライダーロボのデザインがめっちゃダサい。

 ストーリーも突っ込みどころ満載でした。問題点として敵味方の区別が曖昧で敵だと思ったら急に味方に寝返ったり、洗脳されていないのに敵側についていたりして、は?って感じの展開が多かったです。

 仮面ライダードライブを観ていない私が悪いのかもしれませんが、あのレースって何なんですか?ぶっちゃけ茶番でしょ。しかもレースの途中で立ち止まって話始めちゃうし。どうせやるならもっと本格的にやってもらいたかったです。

 途中の戦闘とかはまあまあ楽しんでみてはいたんですけど、平成ライダー対昭和ライダーと比べるとやっぱり薄っぺらかったかな~

 良かったところを上げるとすればオールライダーものらしくオリジナルキャストがちゃんと活躍していたところと、及川ミッチーがカッコ良くて、三号という難しいキャラクターにぴったりハマっていたところとかですかね。

 没になった仮面ライダー三号!ってのに期待していただけにかなり残念な印象になってしまいました。dビデオの仮面ライダー四号に話は続くらしいのでその内チェックしておきたいと思います。(dビデオに続く!ってオチで終わらせるのもどうかと思うんですけどね~)

こんな人にオススメ!

関連記事