読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

dビデオスペシャル 仮面ライダー4号

映画 レビュー

紹介

 

 

あらすじ

 世界征服を企むショッカーによる仮面ライダー3号にまつわる事件は解決し、世界はある一点(剛の死)を除き正常を取り戻した、はずだった。

 4月4日、特状課で居眠りをしていた泊進ノ介は詩島霧子からの電話で叩き起こされる。霧子とその弟である剛と共に映画を見る約束を忘れていた進ノ介は、腑に落ちない様子でドライブピットに向かうが、そこへ仮面ライダーファイズ / 乾巧と仮面ライダーゼロノス / 桜井侑斗が現れ、進ノ介に「街でショッカーが暴れている」と告げる。しかし、進ノ介はショッカーという名前にも、そもそもこの2人の男にも見覚えがない。釈然としないまま2人と共に街へ駆けつけた進ノ介の目の前には、まさしく人々を襲う怪人達の姿があった。仮面ライダーに変身して敢然とショッカーの怪人と戦う巧と侑斗の姿を目にした進ノ介は妙な頭痛を感じると同時に、彼らが共にショッカーと戦った仲間であることを思い出し、すぐさま仮面ライダードライブ タイプスピードに変身する。進ノ介と合流した剛 / 仮面ライダーマッハを加えた4人の活躍でショッカー怪人チーターカタツムリは倒されるが、チーターカタツムリの自爆の道連れで剛が命を落としてしまう。悲しみに暮れる進ノ介と霧子たち。すると世界を謎の緑の光が包む。

 再び霧子の電話によって特状課で、どこか既視感を覚えつつ目覚める進ノ介。目にした時計には、4月4日の表示が。そして再び現れ増えるショッカー怪人、剛の死、巻き戻る時間。ショッカーの陰謀はまだ終わっていなかったのだ。

 はたしてショッカーが進める「4号計画」とは一体何なのか。進ノ介達はこの世界の謎を解き明かし、ショッカーの企みを阻止することができるのだろうか。

感想

 ファイズファンにはたまらない作品なんじゃないでしょうか?仮面ライダー4号自体、二話の途中から登場なので題名としては「続・仮面ライダーファイズ」くらいでいいと思います笑。

 仮面ライダー4号も3号とは違ったカッコよさというか、悪のライダーの雰囲気が出ていてお気に入りのライダーです。車の次は飛行機ってのも面白かったかな。もっとスカイサイクロンを駆使した戦闘シーンなんかも観てみたかったですね。

 劇場版の仮面ライダー3号のときからそうなんですが、どうもストーリーの細かいところが荒々しいというか、洗練されていないように感じます。ショッカー首領が巧の姿をしていた理由だったり、いろいろと謎な展開が多くて違和感が邪魔になっていたかなという気がします。

 海堂の登場はファイズを観ていた自分としてはうれしかったし、ファイズのその後のストーリーなんかも設定されていて楽しめました。逆にファイズ観てなかった人からするとどうなんだろこれ...?

 仮面ライダー3号が中途半端な終わり方をしていたので、3号を観たという人は是非見てほしい作品です。

こんな人にオススメ!

関連記事