BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

旅のラゴス

紹介

 

旅のラゴス (新潮文庫)

旅のラゴス (新潮文庫)

 

 

あらすじ

 北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か? 異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。

 

感想

 このジャンルの小説を読んだこと自体すごく久しぶりなので、懐かしい感覚が呼び戻された気がします。

 舞台は超能力が普通に存在するアナログな世界です。主人公ラゴスが旅の途中で様々な人に出会い、別れても旅を続けるお話です。

 途中のラゴスが勉学に長い年月熱中するエピソードを読んで、自分も集中して勉強に励みたくなりました笑。

 最後に登場する老人が一体誰なのか実はわからなかったんですよね~。あれ誰なんだろ?

 各エピソードが終わるごとに余韻というかちょっとした疑問が残ったまま話は進んでいくので、若干もやもやした気持ちで読んでいましたが、人生ってそんなもんなのかなと最後には勝手に納得してました笑。

こんな人にオススメ!

  • 旅系の話が好きな方