読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

GOSICK BLUE

紹介

 

GOSICK BLUE

GOSICK BLUE

 

 

あらすじ

 遠い海を越え、ついに辿り着いた新大陸で巻き込まれたのは、新世界の成功を象徴する高層タワーで起きた爆破事件! そのとき、タワー最上階のヴィクトリカと、地下の一弥は――! ?大人気ミステリ新シリーズ、第二弾!

 

感想

 GOSICKの新シリーズ第二弾です。第一弾のREDよりも時間はさかのぼりヴィクトリカと九条がアメリカに到着直後のお話です。(買ってから一年近く放置してしまった)

 流れとしては「タワーに爆弾が仕掛けられて、ヴィクトリカを含むパーティの来賓が閉じ込められて、九条が助けにタワーを駆け上がる。その間にヴィクトリカが何かと推理する。」といった感じです。

 なぜ二人がアメリカに渡ったのかなど、前作では語られなかったことが語られるので少しスッキリします。

 前作に引き続き推理ものとしては弱い気がします。とんとん拍子で予想通りの展開が繰り広げられていくので、ミステリー要素目当てで読むと今一つなのかな。

 原作も好きなのですが、やっぱりアニメの完成度ってすごかったんだなーと読んでて感じてしまいました。また視たくなってきた。

 何はともあれシリーズの準備が整った感があるので次回作以降にも期待です!

こんな人にオススメ!

関連記事

GOSICK RED - BlogIsHowMuch