BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

シン・ゴジラ

紹介

www.shin-godzilla.jp

あらすじ

 ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。目的も正体も分からないその生物ゴジラに翻弄される日本。そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つける。しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていた。

 

感想

 久しぶりのゴジラにして監督がエヴァンゲリオン庵野監督ということで興味を持って友達と観てきました。

 面白くて二回観ちゃいましたね笑

 私が今まで観たことのゴジラゴジラvs怪獣が基本だったので、人類vsゴジラというのは新鮮な感じがします。

 今作で一番面白いと思った点はゴジラなの人間ばかり映ってるってところです。

 普通だったらゴジラの迫力あるシーンばかりで埋めてしまうような気はしますが、日本の官僚達のゴジラという前代未聞の災害に対して起こる「プロジェクトX」的なドキュメンタリーこそがこの作品のメイン部分ではないかと思います。

 役者がみんな早口!なので話がテンポよく進んでいく気がします。

日本政府の有能な部分と無能な部分をどちらも共存した形で表現されていてリアリティがある気がします。

 エヴァファンならうれしい演出や、やっぱ庵野監督だなーと思える部分が多くて大変満足できました。

 最後の尻尾から生えてきた人型の生命体は一体何を意味していたのでしょうか?

人類の起源はゴジラ的なものだったということを意味しているのか?もう少しでゴジラが大量に生まれるところだったんだぞーということを意味しているのか?全く分かりません。

エヴァンゲリオン庵野監督ですから、思わせぶりで特に意味ないってこともあるかもですが。

こんな人にオススメ!

引用