読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

冷たい熱帯魚 レビュー

紹介

 

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]

 

 

あらすじ

死別した前妻の娘と現在の妻。その折り合いの悪い二人に挟まれながらも、主人公の社本信行は小さな熱帯魚店を営んでいた。

波風の立たないよう静かに暮らす小市民的気質の社本。

だが、家族の確執に向き合わない彼の態度は、ついに娘の万引きという非行を招く。

スーパーでの万引き発覚で窮地に陥る社本だったが、そんな彼を救ったのはスーパー店長と懇意のある村田だった。

村田の懇願により店長は万引きを許す。

さらに大型熱帯魚店を経営する村田は、娘をバイトとして雇い入れる。その親切さと人の良さそうな男に誘われて、社本と村田夫婦との交流が始まる。

しばらくして、利益の大きい高級魚の取引を持ちかけられる社本。それが、村田の悪逆非道な「ビジネス」を知り、同時に引き返せなくなる顛末への引き金となった。

 

感想

 グロイし、エグイし、胸糞悪いことこの上ない作品でした。

公開されたころからその内観ようと思っていた作品ではあったのですが、ちょっと怖そうで観る勇気がなかったんです。友人の勧めもあってようやく手をつけることができました。

 サイコパスによるリアルホラー?的なジャンルなので以前視聴した黒い家に近いかもしれません。

しかし、この作品は死体をバラバラにして、処理する一連の流れも映像化しているのでグロさはかなりあると思います。

 村田役のでんでんの演技が半端なかった。

いいおじさん状態から、本性をあらわにした状態へ変貌する様子は全く違和感がありませんでした。

いいおじさん状態のときの殺気の無さが本当に怖い。

巧妙な手口でイカレた犯罪から逃れられなくなっていく主人公の様子も恐怖を煽ります。

 途中から主人公の社本が覚醒(?)して事件にケリをつける演技も見物というか、あのイカレた事件に巻き込まれたらこんなイカレかたしちゃうのかなと思わされるものがありました。

 オチもなんとも救いがなく、娘のあの反応もこの作品の狂気っぷりを象徴しているように思えます。

 

こんな人にオススメ!

関連記事

引用