読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 レビュー

紹介

 

 

あらすじ

 1939年、イギリスがヒトラー率いるドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が開幕。 天才数学者アラン・チューリングベネディクト・カンバーバッチ)は、英国政府の機密作戦に参加し、ドイツ軍の誇る暗号エニグマ解読に挑むことになる。エニグマが“世界最強”と言われる理由は、その組み合わせの数にあった。暗号のパターン数は、10人の人間が1日24時間働き続けても、全組合せを調べ終わるまでに2000万年かかるというのだ――!

 暗号解読のために集められたのは、チェスの英国チャンピオンや言語学者など6人の天才たち。MI6のもと、チームは暗号文を分析するが、チューリングは一人勝手に奇妙なマシンを作り始める。子供の頃からずっと周囲から孤立してきたチューリングは、共同作業など、はなからするつもりもない。 両者の溝が深まっていく中、チューリングを救ったのは、クロスワードパズルの天才ジョーン(キーラ・ナイトレイ)だった。彼女はチューリングの純粋さを守りながら、固く閉ざされた心の扉を開いていく。そして初めて仲間と心が通い合ったチューリングは、遂にエニグマを解読する。

 しかし、本当の戦いはここからだった。解読した暗号を利用した極秘作戦が計画されるが、それはチューリングの人生はもちろん、仲間との絆さえも危険にさらすものだったのだ。さらに自分に向けられるスパイ疑惑。そしてチューリングが心の奥に隠し続け、ジョーンにすら明かせなかった、もう一つの大きな悲しい秘密。 あらゆる秘密と疑惑が幾重にも積み重なり、チューリングの人生は思わぬ方向へと突き進んでいくが――。

 引用元:http://imitationgame.gaga.ne.jp/

感想

 むっちゃ感動しました。

ラストシーンは泣きそうというか泣いてたかもしれん。

 

 情報科学系や数学系の人であればチューリングについては少しは聞いたことがあるかと思いますが、一般にはそこまで知名度はないのかな?

私もなんとなく天才で、同性愛者で、コンピュータの原型的なものを作った人位にしか知識はありませんでした。

 

 そんな彼がこんなにも切ない生涯を過ごしていたとは知りませんでした。

最後の「一人にしないで」の破壊力が半端ない。

ベネディクト・カンバーバッチの演技がすさまじかったです。

本当に切ない。

 

 映画のストーリー的にはエニグマの暗号が解けたときの興奮はやばかったです。

最強の暗号に機械で挑んで、ちょっとしたきっかけですべての謎が解ける展開は物語の見せ場としては最高でしたね。

また暗号を完全に攻略してからの彼の苦悩は続きます。

この辺も観ていて胸が苦しくなります。

 

 キーラ・ナイトレイが最初から最後まで美し過ぎた笑。パイレーツオブカリビアンの頃よりもタイプです。

 

 エニグマ解読、チューリングマシン発明という偉業に反して苦悩に満ちた人生を送った彼のことが少しでも多くの人に理解してもらいと思いました。

  

こんな人にオススメ!

  • 暗号解読好きな人