読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlogIsHowMuch

鑑賞した作品のレビューやプログラミング系のネタをダラダラ書いていくだけのブログ

マン・オブ・スティール レビュー

映画 レビュー

紹介

 

 

あらすじ

幼い頃から超人的な力を持つ少年、クラーク・ケント。彼は親との約束でその特別な力を封印し、孤独な少年時代を過ごした。 成長し、クラークを守ろうとして死んだ父の「使命を突き止めろ」という教えに導かれて放浪の旅に出た彼は、遂に自分の真実を知る。 爆発寸前の惑星クリプトンで、実の父親が生まれたばかりの彼を地球へ送り出したのだ。 己の正体を知り、葛藤するクラーク。しかしその時、クリプトン唯一の生き残りであるゾッド将軍と反乱軍がクラークが地球にいることを突き止めた。 それは、人類の存亡を賭けた闘いが始まることを意味していた――!

引用元: Amazon_マン・オブ・スティール

感想

 スーパーマン関連の作品とか一切視聴したことがないのですが、「バットマンVSスーパーマン」を観たかったので予習がてら観てみました。

 ストーリーの概要としては自分の能力の使い道に困った青年が覚悟を決めて地球の平和のために立ち上がるってところでしょうか。

アメコミ原作らしくシンプルですね。

 バトルシーンは非常に凝ったものになっていたと思います。

町中のバトルで建物の破壊なんかものすごくリアルというか、細かいところまで再現されていました。

迫力やリアリティという面ではかなり見どころはあるかもしれません。

 しかし、バトル自体は武器を一切使わない肉弾戦なので途中で飽きるというかそこまで見たいものでもないかなと。

特殊能力は目からビーム出せるくらいですもんね。

 まとめると視聴時間に見合うほど面白くなかったです。

対して中身無いのに余計なシーン多くて途中で飽きてくる。

90分位にまとまっていれば好印象だったかも。

こんな人にオススメ!

  • リアルな戦闘シーン