ケイゾク レビュー

ケイゾク DVDコンプリートBOX

ケイゾク DVDコンプリートBOX

感想

SPECが好きだったのでずっと視てみたいと思っていた作品です。amazonプライムビデオにあったので一気に視てみました。 柴田の可愛さと、真山のキャラクターが良い。 SPECの前作というよりもTRICKの原型という表現がしっくりくる作品でした。 前半は個別の事件を解決していくだけで特に超能力も出てこない普通のミステリードラマです。 終盤は朝倉という整形と暗示を使いこなすチート犯罪者との対決になります。 朝倉に関しては最初からSPECホルダーという設定にしてしまった方が良かった気がします。明らかに人間のできる域を超えてしまっているので無理やり理屈づけても納得できない。 終盤の流れはSPECの終盤に近いものを感じました。なんとなく流れ作業のように話が進んでしまうので若干飽きてしまいました。 TRICKやSPECにも言えることですが、演出のために謎を出しておいて最終的に解決しないまま放置してしまうことが多いです。(部屋が消える回のすみれの間の話など) 本質ではないのでそれでもいいのかもしれませんがモヤモヤが残ってしまいます。

劇場版の感想はこちら

SPECもそうですがドラマは破天荒なりにも形になっているような感じですが、劇場版ではかなり暴走してしまっていますね。 映画観てこれで終わりかと思うとちょっと残念。 朝倉はSPECの最後にも名前が出てきます。並みのSPECホルダーというよりもセカイに近い領域の存在なのかもしれないですね。(その割にはやることがショボイけど)